top of page

マレーシアの食材探訪:Mydinで楽しむマレーシアの食材探し!




1. はじめに


留学生活は、新しい友達や文化に触れる冒険の連続です。その中でも、マレーシア現地のスーパーマーケットは、美味しい食材や日本とは異なる食文化を経験できる場所です。特に料理作りや食事が好きな留学生にとって、現地食材の入手が容易にできることは留学先での生活をより楽しく充実させる重要なポイントとなります。


この記事では、マレーシア留学を考えている学生など向けに、現地のスーパーマーケットであるMydin(マイディン)にスポットを当てます。Mydinの魅力やそして現地生活をより楽しむためのヒントをお届けします。マレーシア留学をより美味しく、楽しくするための情報が満載です!!


目次:

 

2. Mydinとは


マレーシア最大のハラル・ハイパーマーケットであるMydinは、1957年に創業されました。ハイパーマーケットの特徴である幅広いラインナップを揃えているMydinは、その品揃えだけでなく、リーズナブルな価格設定や豊富なキャンペーンでも注目されています。このハイパーマーケットは、マレーシア国内で長年積み上げてきた信頼をもとに、数多くの食料品や商品をリーズナブルな価格で提供し、地元住民や留学生にとって不可欠な存在となっています。


2.1 歴史とビジョン


Mydinの歴史は、1957年に創業者のTuan Mydin Mohamed氏がクランタン州コタバルに小さな木造店舗をオープンしたところから始まります。当初は玩具や雑貨の販売を手がけていたこの小さな店は、時間と共に成長し、全国に広がりました。ビジョンとして、Mydinは世界有数の競争力を持つハラル商品とサービスのディストリビューター(卸売業者)となることを掲げ、そのビジョンに向かって積極的に成長し続けています。



2.2 幅広い品揃え



Mydinは、幅広い品揃えで知られています。このハイパーマーケットでは、食料品から衣料品、電化製品、家庭用品など、多岐にわたる商品カテゴリーを取り扱っています。生鮮食品の多様性と質の高さは特長の一つです。例えば、りんご、レッドドラゴンフルーツ、グアバ、マンゴーなどの新鮮な果物をはじめ、豆乳や低脂肪牛乳などの乳製品も取り揃えています。


また、クロアジモドキ、マナガツオ、フエダイ、カレイ、ナマズ、ミナミコノシロ、ロフーなどの多種多様な魚介類も扱っております。肉類では、鶏肉、牛肉、骨付きもも肉、角切りなどを幅広く取り揃えています。このように、食料品に関しては、生鮮食料品、パッケージ商品、缶詰、乳製品など、幅広い品揃えを提供し、地元のブランドから国際的なブランドまで多様な選択肢があります。



また、アパレルや日用品にも焦点が当てられており、衣料品、日用品、家庭用品などを取り扱っています。そのため、他のスーパーマーケットでは見かけない多様な商品が販売されています。さらに、ハラル商品に特に力を入れ、イスラム教徒のニーズに応えています。留学生にとって、新しい料理を試したり、地元の商品を探したりする場として、Mydinは多くの選択肢を提供しています。



2.3  リーズナブルな価格


Mydinは予算に優しい買い物体験を提供することで知られており、予算に制約のある消費者にとって魅力的な選択肢となっています。これはMydinのキャッチフレーズである「Why Pay More? Buy at Wholesale Prices!(高いお金を払う理由は?卸値で買おう!)」が示す通り、高品質の商品を手頃な価格で提供することをビジネス戦略の核としています。


プライベートブランドやストアブランドの商品も提供されており、これらは一般的な有名ブランドの商品よりも手頃な価格で購入できます。さらに、地元で生産された商品など、国内製品を中心に取り扱っているため、コスト削減やキャンペーンなどを通じて、顧客にリーズナブルな価格で提供されることがあります。Mydinで買い物をする際には、手頃な価格と高品質の商品に囲まれて、お得感を楽しむことができます。この価格設定と幅広い品揃えにより、留学生の予算に合わせた買い物体験が可能となっています。



2.4  豊富なキャンペーン



Mydinでは、多くの商品で週末割引やオンラインセール、ロイヤルティカードプログラム(Meriah Loyalty Program)などの特別キャンペーンを実施し、お買い得な品物が頻繁に用意されています。


Meriah Loyalty Programは、マレーシア全国にあるMydinの様々な店舗で買い物をすることでポイントをためることができます。このプログラムではMeriah CardとしてBlue CardとSilver Cardが用意されています。Blue Cardでは1ポイントの獲得に1RMの支払いが必要なのに対して、Silver Cardでは1ポイントの獲得に2RMの支払いが必要となります。これらMeriah Cardに加入するには誰でも申し込むことができますが、Blue Cardの年会費(12RM)とSilver Cardの年会費(20RM)がそれぞれかかることに注意が必要です。


ポイントは最初の購入から1年後に期限切れとなり、期限切れから3か月後までに未使用のポイントは削除されます。Mydinギフト券やAirAsia Big Pointsに交換可能です。Mydinギフト券の場合、最低1,000ポイントからMydinギフト券に交換できます。


Mydinは留学生にとって、ローカルの食材や商品を手に入れ、予算にやさしい価格で生活を充実させる場所として、マレーシア留学生活において不可欠な存在です。 Mydinの魅力的な価格設定と充実の品揃えは、留学生の日常を豊かにし、新しい料理と商品を楽しむ機会を提供しています。


※注意:この情報は2023年12月現在のものであり、料金やプログラムの内容は変更される可能性があります。最新情報については、Mydinのウェブサイトをご覧いただくか、カスタマーサービスにお問い合わせください。



 

3. 他のスーパーマーケットとの簡単な比較



マレーシアの賑やかな風景の中で、Mydinは多くの消費者に注目される存在です。ハイパーマーケットやミニマーケットなど、様々な店舗形態を通じて多様なショッピング体験を提供しています。Mydinの成長は、予算を重視する客層から価値や利便性を求める客層まで包括的に対応できる点にあります。


Mydinの店舗配置は都市部から郊外、地方まで広がり、都市化の進んでいない地域の消費者を含め、幅広い層の消費者が利用しやすい環境が整っています。彼らの品揃えは日用品や家庭用品から一部の特殊商品まで幅広く、品質と価格競争力のバランスを保ちながら、手頃な価格を重視する顧客に魅力的な選択肢を提供しています。


一方、Lotus’s、AEON、Jaya Grocerなどの他のマレーシアの大手スーパーマーケットも、多様な店舗形態を提供し、顧客の多様なニーズに応えています。これらのスーパーマーケットは、都市部や郊外など幅広い地域に店舗を展開し、多様な層の顧客に買い物の利便性を提供しています。商品は一般的な食料品や日用品から、一部は専門的な商品まで取り扱っています。


これらのスーパーマーケットは、Mydinほど低予算の選択肢とは異なるかもしれませんが、競争価格を維持しています。最終的には、ご自身の予算や立地、必要な商品の種類などによって、どちらのスーパーマーケットを選ぶかが決まります。各スーパーマーケットは市場の変化に応じて進化し、競争環境は絶えず変動する可能性があるため、これに留意する必要があります。自分に最適なスーパーマーケットを見つけるためには、その店舗の最新の評判を確認したり、実際に店舗を訪れて商品の品揃えを体験したりすることがおすすめです。


これらのスーパーマーケットについてわかりやすくまとめて解説している記事もあるのでぜひ下記のリンクから参考にしてみてください。




 

4. 食材の価格比較


マレーシアでの留学生活を送る上では、食材の価格が生活費に与える影響は非常に大きいものです。自炊を行う学生にとってはどの食材がどのくらいの価格で購入できるのか知ることで、代替品の購入や他のスーパーマーケットを考えることができます。そこで、このセクションでは、マレーシア留学を考えている学生の皆さんや既にマレーシア留学をされている学生のみなさんが気になるであろうMydinで販売されている食材価格を比較していきます。なお、価格は2023年12月時点のものであり、為替レートはRM1=31.03円で計算されています。市況や季節の変動により価格が異なる可能性があることに留意してください。



卵(10個): 新鮮な卵は、Mydinで約RM7.09(約220円)で購入できます。日本から馴染み深い卵が手軽に入手できるのは、日常的な料理を準備する上で魅力的な選択です。朝食やお菓子作りなど、様々な料理に利用できる汎用性の高い食材です。


日本米(5kg): MydinではRM32.99(約1,023円)で日本米を入手できます。マレーシアで日本食を楽しむ留学生にとって、おにぎりや丼物、寿司など日本料理を自宅で調理する際に欠かせません。Jaya GrocerやMydinで手に入るこの日本米SUMOは、価格的にも魅力的であり、日本食を好む留学生にとって便利な選択肢です。


鶏肉(Chicken Boneless Breast): Mydinでは鶏肉が約RM10から約RM15(約310円から465円)の価格帯で購入可能です。たんぱく質源として重要な鶏肉は、予算内で手に入れることができ、品質の高い新鮮な食材を楽しめます。


ミネラルウォーター(550ml): ミネラルウォーターは約RM0.6(約18円)から約RM1.3(約40円)で購入可能です。マレーシアでは水道水が飲用に適していないため、ミネラルウォーターは必需品です。さらに、断水や水質の悪化などの水回りのトラブルも起こることがあるので非常用に常備しておくことをお勧めします。


パスタ: パスタは約RM4.0(約124円)から約RM4.5(約140円)の価格帯で購入可能です。手軽な料理のベースとして多くの留学生に支持されており、様々なソースや具材と組み合わせることができます。


これらの価格情報を踏まえると、Mydinはリーズナブルな価格で多様な食材を提供していることがわかります。ただし、価格は季節やプロモーションなどの要因によって変動する可能性があるため、最新の価格情報を確認することが重要です。また、留学生活において自炊を行う際は、価格と品質を比較し、自身の好みや予算に合った食材を選択することが重要です。Mydinはその選択肢の一つとして、多くの留学生が利用しています。ぜひ、食材の購入と自炊を楽しんでください。


※注意:これらの情報は2023年12月時点のものであり、価格は改定される可能性があります。最新の情報については、ウェブサイトや実際の店舗にてお問い合わせいただくことをお勧めします。



 

5. 体験談:地元の食材と食文化



S君は日本からマレーシアのSunway University(サンウェイ大学)に留学しており、現地の食文化に興味のある学生です。特にマレーシアの地元食材を使った料理や新しい食べ物に興味を持っていました。彼はMydinでの買い物が日常の楽しみになっており、その中でも店員の一人、ラーニさんとの出会いは彼にとって特別なものでした。ラーニさんはマレーシアの料理に詳しく、S君に多くの豆知識やアイデアを教えてくれたと言います。


ある日、ラーニさんから「ハーブとスパイスを使った料理を一緒に作りましょう」とレモングラスやターメリック、ガラムマサラなどの香辛料やハーブを使ったマレーシアの伝統的な料理を教えてくれることになりました。ラーニさんはこれらの香辛料が料理の風味にどれほど影響を与えるかを説明し、自分の好みに合った料理を作る方法を伝授してくれました。


その中で、S君はラーニさんから、「レモングラスの香りはスープやシーフード料理にぴったりで、ターメリックはカレーに、ガラムマサラは焼肉や炒め物に使うと良いよ」とアドバイスももらったそうです。そして、その香辛料を使って一緒に作った夕食は、S君にとってマレーシアの新たな料理体験となり、新しい食材とスパイスの使い方を学ぶ素晴らしい機会となったそうです。


このような出会いや経験は、S君の留学生活における宝物となっています。新しい料理や食材の発見、そしてMydinでの買い物が彼にとって新しい文化に触れる機会となりました。その後も、S君はラーニさんからのアドバイスを参考にしながら、自身でマレーシアの食材を使った料理を作り、現地の食文化を楽しんでいます。


 

6. おわりに


本記事では、マレーシアのスーパーマーケットであるMydinに焦点を当て、留学生活での食材探しや文化交流について詳しく紹介してきました。マレーシア最大のハイパーマーケットであるMydinはMydinの歴史、品揃え、価格設定、そしてキャンペーンが特徴です。留学生にとって、新鮮な食材の入手や異なる文化に触れる場所となっており、特に自炊をする留学生にとって重要な存在です。さらに、実際の体験談を交え、Mydinでの買い物が新たな文化や食材探しの楽しみとなる様子についても紹介しました。留学生活をより充実させるために、ぜひMydinを訪れてみてください!


※注意:これらの情報は2023年12月時点のものであり、価格は改定される可能性があります。最新の情報

Comentarios


bottom of page