top of page

マレーシアのスーパーマーケット事情を徹底解説!




1. はじめに


マレーシア留学や移住に興味を持っている日本人にとって、地元のスーパーマーケットは生活の一部となります。新しい環境での食材や生活用品の調達は重要な要素であり、マレーシアのスーパーマーケットはそのニーズに応える場所です。この記事では、留学生や働く日本人が知っておくべきマレーシアのスーパーマーケットについて詳しく紹介します。


マレーシアのスーパーマーケットは、日本のスーパーマーケットとは異なる特徴を持っています。多様な商品が揃っており、マレーシア独自の食材や調味料、さらには様々な国の食品も幅広く取り扱われています。また、価格帯も日本と比較して比較的に安く、予算を抑えながら食材を揃えることができる点も魅力です。


この記事では、マレーシアのスーパーマーケットでの買い物のコツや注意点についても触れます。特に、会員向けサービスやセール情報の活用など、効果的な買い物術を紹介します。マレーシア留学や仕事を成功させるためには、地元のスーパーマーケットを上手に利用することが重要です。さあ、マレーシアのスーパーマーケットの世界に飛び込んでみましょう!


目次:

 

2. マレーシアのスーパマーケットの特徴



マレーシアのスーパーマーケットは、地元の食材や調味料をはじめ、様々な国の食品が幅広く取り扱われています。留学生にとっては、自国の商品や食材を手に入れることができるので、ホームシックを和らげる一助となるでしょう。また、地元の食材や調味料はリーズナブルな価格で手に入ることが多く、予算を抑えながら食材を購入することができます。


さらに、マレーシアのスーパーマーケットでは、商品の種類も豊富です。食品だけでなく、日用品や家庭用品、衣料品、化粧品など、さまざまなアイテムが一箇所で揃っています。留学生や働く日本人にとっては、忙しい生活の中で必要なものをまとめて購入できるので、時間と労力を節約することができます。


また、マレーシアのスーパーマーケットでは商品の価格が比較的に安い傾向があります。留学生にとっては、予算を抑えながら品物を手に入れることができるので、経済的にも優しい環境と言えるでしょう。特に地元の食材や調味料はリーズナブルな価格で手に入り、留学生活において地域の文化や味を楽しむことができます。


総合的に見て、マレーシアのスーパーマーケットは多様な商品とリーズナブルな価格が魅力の場所です。留学生にとっては、日常生活で欠かせない存在となっています。次に、マレーシア国内で人気のあるスーパーマーケットチェーンについて詳しく見ていきましょう。留学生にとって、これらのスーパーマーケットは頼もしい味方となることでしょう。



 

3. 人気のあるマレーシアのスーパーマーケット


マレーシア国内にはさまざまなスーパーマーケットチェーンが存在しますが、特に人気のあるものをいくつか紹介します。それぞれのスーパーマーケットチェーンは、独自の特徴やコンセプトを持っており、留学生や働く日本人にとって便利な場所となっています。



3.1 ロタス(Lotus’s)

まず一つ目は、ロタス(Lotus’s)です。ロタスはバンコクに本社を置くタイのスーパーマーケットチェーンです。マレーシア国内に約64店舗と広範囲に店舗展開しており、品揃えの豊富さとリーズナブルな価格が魅力です。食品や日用品だけでなく、衣料品や家庭用品も取り扱っています。テスコの店舗はマレーシアの各地にあり、アクセスもしやすいため、多くの人々に利用されています。



3.2 ジャヤ・グロサリー(Jaya Grocer)

二つ目は、ジャヤ・グロサリー(Jaya Grocer)です。ジャヤ・グロサリーはマレーシア全土に約35店舗ある人気のプレミアムスーパーマーケットです。近年マレーシアのスーパマーケットでは、留学生や駐在員向けの新しいスーパーマーケットも数多く登場しています。その中でも、輸入品の品揃えが特に豊富なジャヤ・グロサリーは、マレーシアの駐在員や外国人に人気のスーパーです。例えば、チキン、ラム、ビーフ(プライム和牛を含む)などの肉類はオーストラリアから、タコはスペインから、牡蠣はフランスから輸入しています。スペース内のワインショップには、フランス、ドイツ、イタリア、南アフリカなどの輸入ビール、ワイン、リカーがずらりと並んでいます。



3.3 イオン(Aeon)

イオン(Aeon)もマレーシアで広く知られた日本のスーパーマーケットチェーンです。マレーシアでは、イオンはスーパーマーケット(イオンストア)、ハイパーマーケット(イオンBiG)、ショッピングモール(イオンモール)のチェーンを展開しています。イオンは高品質な商品と快適なショッピング環境が特徴で、食品以外にも家庭用品や衣料品など幅広い商品を取り扱っています。日本の商品も多く見られ、日本人にとっては親しみやすい環境となっています。イオンモール内にはレストランや娯楽施設もあり、家族連れにも人気のある場所です。




3.4 マイディン(Mydin)

次のスーパーマーケットはマイディン(Mydin)です。マイディンは1957年に設立され、特にマレー系の消費者に人気のあるマレーシア最大のハラル・ハイパーマーケットです。マレーシア国内には、約61店舗あります。「競争力のあるハラール商品とサービスを提供する世界有数の企業になる」というビジョンを掲げ、現在に至るまで大きな成長を遂げています。マレーシア国内で急速に成長しているMydinは、リーズナブルな価格と多様な商品が魅力です。特に地元の食材やハラール製品の品揃えに力を入れており、マレーシアの食文化に触れることができます。マイディンの店舗は広く展開されており、地域の人々にとって身近な存在となっています。



3.5 伊勢丹(Isetan)

最後に紹介するのは、伊勢丹です。KLCCにある伊勢丹は、食品の宝庫であり、世界中の珍しい食材から日本の特産品まで多種多様な商品を提供しています。パン屋やジュースなど、手軽に楽しめる食品も充実しています。週末には各国のフードフェアが定期的に開催され、新鮮な野菜や特色ある料理を楽しめます。店内は広く、品物も見やすく配置されているため、快適にショッピングが楽しめます。日常用品から特別な逸品まで、一度で揃えられる便利な店です。


これらのスーパーマーケットチェーンは、マレーシア国内で人気を集めているだけでなく、留学生や働く日本人にとっては日常生活の一部となる場所です。それぞれのスーパーマーケットチェーンには独自の特徴があり、異なるショッピング体験を提供しています。マレーシアのスーパーマーケットを上手に活用し、充実した留学や働きを送りましょう。



 

4. マレーシアのスーパーマーケットでの買い物のコツ


マレーシア留学において、効果的な買い物をするためにはいくつかのコツを心に留めておくことが重要です。マレーシアのスーパーマーケットでの買い物においても、マレーシア留学生にとって有益な情報があります。



まず、マレーシアのスーパーマーケットでは、ロイヤルティプログラムなどの会員限定特典の活用がおすすめです。多くのスーパーマーケットがこのプログラムを提供しており、これらを利用することで割引や限定特典を得ることができます。例えば、ジャヤ・グロサリー(Jaya Grocer)では、グラブ(Grab)アプリ内を経由してロイヤルティプログラムに参加することができ、1リンギットごとに0.75グラブリワードポイントを獲得することができます。マレーシア留学生にとっては、これらのプログラムを利用することで買い物のコストを節約することができます。


次に、セール情報をチェックすることも重要です。マレーシアのスーパーマーケットでは、週末や特定の日に特売セールが行われることがあります。セール品は通常、店内の特定のエリアに集められており、大幅な値引きがされています。留学生は、セール情報を事前にチェックすることで、予算を抑えながら買い物をすることができます。スーパーマーケットのウェブサイトやチラシ、店内の掲示板などからセール情報を確認しましょう。


以上がマレーシアのスーパーマーケットでの買い物のコツです。留学生にとっては、これらのコツを意識することで、よりスムーズかつ効果的な買い物ができるでしょう。


 


5. マレーシアのスーパーマーケットでの買い物の注意点

マレーシアのスーパーマーケットで買い物をする際には、いくつかの注意点に留意する必要があります。以下では、マレーシアのスーパーマーケットでの買い物の注意点について解説します。


  • 食品のチェック

マレーシアのスーパーマーケットで買い物をする際には、特に生鮮食品や冷凍食品を選ぶ時には細心の注意が求められます。賞味期限をしっかり確認するだけでなく、パッケージが破損していないかもチェックしましょう。また、マレーシアの多くのスーパーマーケットでは果物や野菜の量り売りが一般的です。これは好きな量だけ購入できる利点がありますが、その一方で、商品の新鮮さや品質にも目を光らせる必要があります。果物の色や形、触り心地などから新鮮さを判断すると良いでしょう。


  • 支払い

支払い方法についても注意が必要です。一般的に多くの店ではクレジットカードやデビットカードが利用できますが、時折、カードリーダーが故障している場合も考えられます。そのため、現金を一定量持っていることが推奨されます。特に大量の買い物を予定している場合は、その可能性を考慮して十分な現金を携帯してください。


  • ハラル認証

ハラル認証に関しては、特に注意が必要です。マレーシアではイスラム教が多数派であり、多くのスーパーマーケットではハラル認証された食品が主流です。お酒や豚肉製品などは通常、専用のレジで処理されます。また、一部のスーパーマーケット(例えばMydinなど)では、ハラル認証された商品しか取り扱っていない場合もあります。そのため、事前に各店舗のハラルポリシーを確認すると良いでしょう。


  • 消費税

マレーシアでは消費税(GSTまたはSST)が一部の商品に課されています。消費税は商品の種類によって異なりますが、一般的には価格に含まれていることが多いです。ただし、一部の商品やサービスには追加料金がかかる場合がありますので、購入する際には価格表示を注意深く確認しましょう。


  • 商品選び

最後に、マレーシアでは日本と異なる商品やブランドが多く販売されています。特に食品や調味料などは、日本とは異なるパッケージや味付けがされていることがあります。商品を選ぶ際には、パッケージの表記や内容をよく確認し、自分の好みや食材との相性を考慮して選ぶことが重要です。


これらの注意点を頭に入れて、マレーシアのスーパーマーケットで買い物をすることで、楽しく満足できるお買い物ができる事でしょう!


 

6. おわりに


本記事では、マレーシアのスーパーマーケットについて詳しく紹介してきました。まず、マレーシアのスーパーマーケットの特徴について解説し、地元の食材やマレーシア料理に特化した品揃えや、快適なショッピング環境について触れました。さらに、人気のあるスーパーマーケットや買い物のコツや注意点についても説明しました。これらスーパーマーケットでの買い物は、新鮮で多様な食材を手に入れるには便利です。マレーシアのスーパーマーケットは、留学生や渡航者にとっても必要な場所であり、地元の文化や食材を知る上でも貴重な場所です。是非、マレーシアのスーパーマーケットを訪れて、魅力的な食材や商品を探求してみてください!


Commentaires


bottom of page