• Harry

​銃・薬物のない環境での留学



安全という大前提と​留学生活の両立


​マレーシアでは日本以上の厳しさで薬物・麻薬の所持が取り締まられています。マレーシア国内における麻薬物の所持や外国からの持ち込みは憲法違反の扱いで死刑に処せられます。留学先で上位に挙げられる米国では生活する身近な場所に薬物が出回っており米国国内の社会問題として扱われています。日本においては厳しく取り締まられているものの極刑には処せられておりません。そのような国々と比べるとマレーシア国内への麻薬の流入と蔓延は厳重に防がれていると言えるでしょう。

マレーシアでは日本と同等の厳しさで銃の所持が取り締まられています。マレーシア国内における銃の所持は銃を所持するための免許を取得する必要があります。取得には各州の警察署署長による認定が必要のため、一般人の免許の取得は困難を極めます。また、無免許での銃の所持が発覚した場合には7年以上の懲役と約300万円の罰金が同時に課されます。留学先の生活圏で銃を見かけない、その”当たり前”を満たしてくれるのがマレーシア留学の醍醐味とも言えるでしょう。

+60-173918200

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

@bangga.malaysia

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

Bangga Malaysia

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

@BanggaMalaysia

© 2020 by Bangga Group LLC. All Rights Reserved.