• Matty

マレーシアでつかうスマートフォン・SIMカードについて


マレーシアでのスマートフォンの利用の仕方は日本と異なる


マレーシアではスマートフォン本体をその機体を製造している企業の店頭販売で求めてから、各種の通信会社から自分の利用方法と合うプランを選びSIMカードを購入します。


日本では機体の販売からキャリアの選択までの選択は携帯会社を選ぶことで一括されている場合がほとんどでそのようにしてスマートフォンを利用することが多いですが、マレーシアでは別になっています。


現在日本で使用しているスマートフォンも特定の携帯会社のSIMカードでのみ作動するようになっている設定を日本からの出国前に解除すればそのスマートフォンにマレーシアのSIMカードを契約して入れることで使用できるようになります。


そもそもSIMカードとは


ただの液晶画面のついた機械でしかないスマートフォンに電話番号とWi-Fiのない環境下でも外出先などでインターネット検索を可能にするデータ通信を行うためのICカードです。



スマートフォン・携帯・アイフォーンなどデータ通信を行える媒体には金色のIC部分のついた小さなカード(SIMカード)が入るようになっています。


おすすめのSIMカードの提供元(キャリア)


セルコム

セルコムのSMS(ショートメッセージ:電話番号を使って送る短いテキストメッセージのこと)は日本国内にいる場合でもWifi環境下であれば受信することができるので、マレーシアの銀行口座へオンラインで振り込み等を行う際に便利です。登録した携帯番号に送られる暗証コードが必要になるので留学・長期移住・駐在の身において日本とマレーシアを往来する方には欠かせない要素となっています。


その他のキャリアではマキシス(Maxis)などが挙げられますが、SMSの日本国内からの受信はできないので、送金処理等を行う際にはおすすめはしません。


セルコムについての更に詳しい内容はこちらの記事を御覧ください


以上がマレーシアでの生活でのスマートフォンやSIMカードについて抑えておくべきポイントです!

読んでくださりありがとうございます!


Written By Matty: まってぃ〜


+60-173918200

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

@bangga.malaysia

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

Bangga Malaysia

  • Bangga Malaysia|マレーシア留学エージェント

@BanggaMalaysia

© 2020 by Bangga Group LLC. All Rights Reserved.